43歳で20年のキャリアを捨て、脱サラを決められたメソッドとは?



サラリーマンは報われない!もっと将来につながる稼ぎ方を知っておきませんか?

 

こんにちは。
僕の「年収100万アップ指南」サイトにお越しいただきありがとうございます^^

僕は現在、大手のソフトウェア会社に出向で入っているプログラマーです。

43歳の時、初めての子供が産まれたのにも関わらず、キャリア20年の会社員の地位を捨てて独立することを決意しました。

ソフトウェア開発の世界しか知らない僕が、なぜ脱サラを考えたのか。
どうして脱サラできると考えたのか。

脱サラしたいと考えたことがある方には絶対ためになる、特別な情報を共有したいと思います!

サラリーマンを続けることが当たり前、という考えに呪縛されている人からすれば、この内容はかなり衝撃的だと思います。

ずっと公開されているとは限らない情報です。
読むのには3分少々しかかからない内容ですので、それほどお時間もとらないと思います。

まずは軽く、僕の自己紹介をさせていただきます。

僕は20年以上、ソフトウェア業界でサラリーマンとして働いてきました。
性格的には安定志向で、目の前に与えられたジョブを一生懸命こなすタイプだと思います。

しかし、あるとき「サラリーマンとは、仕事の質を10高めても自分に返ってくるのは1という不条理さ」を感じてしまいました。

一度あるプロジェクトのリーダーを任されたのですが、プロジェクトリーダーの経験が初めてという事もあって年末年始も一人で出て、死ぬほど頑張りました。

しかしその後プロジェクトはお客さん都合で終了
あまりの頑張りの報われなさに唖然としました。

転職して会社を変えても、報われない状況に変わりがないことは、数々のお客さんを渡り歩いてきたので知っていました。

そこではじめて脱サラを意識しました。

脱サラをしたら何で稼ぐか。僕はプログラマーでWEBシステムの開発をしていたので、ネットビジネスを考えました。

広告を貼り付けているような他のサイトを見ながら、見よう見まねでなんとか我流で3か月ほど頑張りました。

が、月に最高に稼げた額は500円でした。

なぜこんな結果だったのか。
今考えてみると、お客さんがどこにいるのか、何を考えているのかわかっていませんでした。

毎日2時間かけてこの報酬では、割に合いませんでした。
「ネットビジネスで稼げるなんて書いてあるサイトがあるけど、みんなサギ師なのか?」と諦めかけました。

しかしひょんなことで、同じようにサラリーマンに絶望し脱サラした人のブログから、運命的に加藤将太さんを知りました

加藤将太さんのコンテンツで集客を知って、しばらく勉強したあと、月10万円の収入を達成することができました。

 
脱サラするにはまだまだ全然足りませんが、これからこのまま拡大していくことで自由になれる実感を得ています

この経営ノウハウは、現在3000人が受講し、60億の経済効果をもたらしている、知る人ぞ知る伝説のセミナーです。
しかも、今もアップデートされ続けている、「生きた伝説」です。

講師の方は京大を経てMBAを卒業し、実際に1年で年収1億円を達成した起業家です
そんな人が事業を1億円に育てるときに必要だったこと、を要素に分解して具体的にわかりやすく教えているのです。

僕が現在実践しているのはネットビジネスですが、この経営ノウハウはネットビジネスだけのノウハウではありませんでした。

むしろ実業を経営する人が基礎を固め、広げていくことで利益を数倍に出来る、王道の経営ノウハウでした。

脱サラした後もちゃんと独り立ちできることを目指した経営ノウハウです

頑張れば頑張るほど
報われない世界

サラリーマンて、頑張れば頑張るほど、プライベートな時間が持てなくなると感じませんか?

こんな先輩がいました。
会社で一番給料を貰っている先輩だと思って、あなたの周りの人を想像してみてください。

その先輩は仕事をさばく能力に長けていたので、会社に利益をもたらしていました。
しかし、仕事をこなせばこなすほど、周りの人にできないような仕事を任されます
また、仕事をこなせない人の分のフォローに回ることになって、やることが増えるのです。

仕事が出来ればできるほど、プライベートな時間は取れなくなり、自分のしたいことができない。
生活は不規則になり、みるからに不健康になっていきました。

僕はその先輩が、人一倍責任感が強くてすごいことは分かっているのですが、客観的にどう見ても幸せそうではありませんでした。

僕はそんな先輩の姿を見て、サラリーマンが頑張れば頑張るほど報われない世界に思えて、絶望的に思えました。

・・・・・・・

僕はこんな先輩のような「優秀なサラリーマン」ではないですが、小さい子どもがいてお金を稼ぎたいので、残業を頑張りました。

しかし、お金を稼ごうとしたら、サラリーマンは仕事の質よりも「時間を売る」しかないので、帰宅の時間が遅くなる。

妻とのコミュニケーションがなくなり、家族への労りのない夫とみられ、夫婦仲が冷えていきました。

こんなに家族のために働いているのに

僕も本当は、奥さんと過ごす時間を取りたい。
子供と過ごす時間を取りたい。

でも、お金を稼ぐ必要もある。それには時間に拘束されるしかない

毎日このようなジレンマにさいなまれて、サラリーマンの生活に希望を見いだせなくなっていきました。

我慢する対価としてお金をもらうのがサラリーマン、そう考え始めました。

脱サラを考えたときに

こうしてついに、僕は20年以上かじりついてきたサラリーマンという生き方に終止符を打つことを考えたのです。

しかし・・・

プログラマーとして机にかじりつき、仕事の外の世界に触れてこなかった僕には、どうしたら脱サラできるのかわかりませんでした。

独立して仕事を得るための人脈も、知識も、経験もありませんでした。
安穏と我慢を続けてきた自分を呪いました。

そこで冒頭で書いた通り、ネットビジネスを始めてみました。
が、結果は散々。

もがき続けて、やっとたどりついたのが、加藤将太さんの「次世代セミナー」でした。



ネットビジネスをして、生活のすべての糧を得る。

初めはそんなことが可能であるととても思えませんでした。
でも、経営の正しい知識を知って実行すれば、不可能ではないという事を実感できたのです。

また、経営ノウハウを学ぶと、「いつ会社を辞めてもやっていける!」という”心の余裕”が生まれます。

心に余裕があれば、つらいサラリーマン生活を乗り越えられるし、乗り越えられなければ、脱サラすればいいのです!

独立すれば、やればやっただけ報われる世界になる

報われないと感じながら日々を過ごしていた僕は、だんだんと精神的に安定していきました。

脱サラして稼ぐ月収の目標は、僕は100万円だと思っています。
税金や保険を払って半額の50万円くらいになったとしても、それだけあれば余裕のある生活ができるのではないでしょうか。

ただ、この経営ノウハウならそれ以上の収入も見据えることができますね。
年収1億円を稼ぐノウハウですから。

脱サラにリスクがあるとしたら、なんでしょうか?

なぜサラリーマンがリスクがないと感じるかというと、サラリーマンをする方法がわかっているので、リスクがないのですね。
ならば、脱サラは稼ぐ方法がわかれば、リスクがなくなりますよね。

なぜ世の中に脱サラで成功しない人がいるのでしょうか。
それは、やるべきことを”具体的にイメージできないから”です。

世の中の経営ノウハウは具体性に欠けてて、難しいことばかり言いすぎなんですね。
僕の知ったノウハウと言うのは、本当にシンプルで、再現性があります。

なぜかというと、僕が何も知らない状態で、この知識を得て、何も知らない状態から作業をするだけで、一瞬で自由になれる実感を得たのです。

一介のただのプログラマーが、実際にこうやってあなたに話しかけるチャンスを貰いました。

そのチャンスを貰ったのはなぜかというと、狭いプログラマーの世界で、世間を知らなかったからですね。
この絶望の状況の中でこそ、活かされる、具体性を持った初心者に最適なノウハウがあるのです。

独立は難しいと思いますか?
あなたはサラリーマンが出来ています。
それは、サラリーマンのやり方を知っているからです。

独立もやり方を知れば、出来ます。

ただ、知識を一人でいろいろ試して活用できるようになるには時間がかかります。
独立を果たした経験者、しかも教育にまじめに取り組もうという経験者に学ぶのが近道です。

経営ノウハウの学び方

あなたはこんな経営ノウハウにいくらまで払うでしょうか?

月収100万円稼げるノウハウなら、300万円払っても3か月で返せますね。

でも・・・

ノウハウを得たとして、実際実現できるかはわからないですね。
僕なら、やれば月収100万円稼げるノウハウだとしても、300万円支払うのは躊躇します。

ただ、本当に月収100万円稼げるなら、クレジット払いで100万円なら払うと思います。

ノウハウを得るのに3年かけて学ぶとしたら、月々2万8千円。
これなら、払えない額ではありません。

月々2万8千円は小さな額ではありませんが、
3年後に自由を手に入れて、脱サラできるのだとしたら。そんな金額で人生を変えられるとしたら。

・・・

「そんな経営ノウハウの、最初の約10万円相当が、現在無料で公開されています。」

僕は脱サラするために必要なノウハウだと確信を持てたので、受講に10万円を支払いました。

僕は普段、詐欺商材のようなものには拒絶感があります。
だいたい中身のない商材は文面を見れば分かりますよね。

しかしこの内容は一度視聴したら分かると思うのですが、情報の密度や信頼度が違うのですね。

ねずみ講のような狭く閉じた煽り情報ではなく、本当に年収1億稼いだ人がその経験や知識を惜しみなく公開する情報だからです。

そんな情報なら公開せず、自分だけで稼げば良いじゃないか、と思いますよね。

なぜこの人が稼げる情報をすべて提供するのかと言うと、動画の中で話しているのですが、同じような稼ぎ方で稼ぐことにはもう興味がなくて、独立したいけど独立できない人が稼げるように、稼ぎ方を伝えることに生きがいを見出しているようです。

僕はこういう「商材」と呼ばれるものそのものに元々拒絶感がありましたが、「家族と触れ合える生活をしたい、それにはサラリーマン以外の道を見出すしかない」、という思いがありましたので、拒絶ばかりではなく、まずは何でもやってみよう!という思いがありました。

そして、視聴してみてから「この人から得られるノウハウをできるだけ吸収しよう!」と思えました。

経営ノウハウを理解した現在では、僕と働いている身近なサラリーマンの人達が、「サラリーマンであるがために狭い世界に押さえつけられて苦しんでいる人」として俯瞰して見えて来ます。
それは、とりもなおさず昔の自分なのです。

なので、僕はなるべく多くのサラリーマンの方にこの経営ノウハウに触れていただきたいと思っています。

今なら10万円相当が無料なので、内容を信用するか、しないかの判断をリスク0で出来ます。

興味をもたれましたら、視聴して少しでも知識を吸収されてみてください。